英会話横浜は「横浜で英語を学ぼう」の英会話教室のメリットデメリット

英会話教室あれこれ

一口に「英会話教室」といっても、その形態はさまざまです。日本全国や海外にまで展開している大規模な英会話教室もありますし、広告などはほとんど出していない、小さな英会話教室もあります。それぞれに特色がありますし、メリットもデメリットもありますから、よく吟味して決めることをおススメします。

例えば大規模英会話教室だと、講師がネイティブの外国人だったりとか教材に工夫が凝らされているとか、または通いやすいところに教室を構えているなど生徒に関心を持たせるような特色がたくさんあります。小規模だと、講師が生徒一人一人に関心を持って授業に当たってくれたり、大手英会話教室にはない形態の授業を展開していたりとか、これもまた甲乙つけがたいものがいろいろとあるものです。
ぜひ、大手のやる気がわき立つようなCMだけにとらわれずに、小規模の教室にも目を向けて頂きたいなと思います。

自分にマッチする英会話教室とは

英会話教室に通うに当たり、どんな点で教室を選んでいますか?やはり素晴らしく人の気を引くCMをうつ大手は魅力的ですよね。某俳優さんが出演しているCMはとても素敵で、私もあの教室に通ってあの俳優さんのように英語でおしゃれな会話をしてみたい・・・なんて思ってしまいます。ただ、英会話教室に通うだけでは英語力は身につきません。何年も通えばある程度は身につくかもしれませんが、膨大な時間とお金がかかってしまうと思います。

おそらくはどんな言語もそうだと思いますが、日常会話を聞き取れるくらいのレベルになるまでには1000時間必要だと言われています。例えば週に2回通うとして週2時間の学習だと、500週必要なことになります。1年はおよそ52週ですから、年になおすと・・・およそ10年です。とんでもない時間がかかりますね。それでやっと日常会話レベルです。ちょっと効率的ではありませんね。おそらくは途中で飽きてしまうと思います。

もしも効率よく英会話を学びたいのであれば、自宅学習が必須です。そして、英会話教室は自宅学習で補うのが難しい部分を補完する意味で通うのがいいのではないかと思います。
例えば文法に自信がある方なら、ネイティブとの会話を重視した教室を選ぶと会話力が鍛えられるでしょうし、文法に自信がないとか初心者の方なら、文法重視の教室から始めると、上達が早くなると思います。
自分の弱点を把握して、まずはそこをつぶすつもりで取り掛かると、比較的早く上達するでしょうし、学習が楽しくなると思いますよ。